SEO
対策、アクセスアップにオートリンクネット 
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 
スタイルシート活用術

稼ぐ!アフィリエイト入門

超初心者アフィリエイト




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" /> -->

メタボリック症候群

メタボリック症候群とは、高脂血症、高血圧、肥満、糖尿病のうち、三つ以
上の症状が該当する場合のことを指します。これらが三つ以上見られる場合、
かなりの確立で心筋梗塞などの発生リスクが高まるとされています。


メタボリック症候群には、予防が一番大切です。自分自身でメタボリック症候
群の危険性があるのかどうか、確かめて置く事が重要です。


その確かめる為の判断基準ですが、2つの段階に分かれます。
まず第一段階は、ウエストサイズが、男性でウエスト85センチ以上、女性でウ
エスト90センチ以上がその対象です。


これは、内臓脂肪型肥満かどうか、ということです。メタボリック症候群には、
肥満が大敵ということなんです。


次に、第二段階の判定は、体の数値をチェックすることです。

1.血圧が最高130、もしくは最低85を超える状態。
2.血糖の数値が、空腹時に110を超える場合。
3.中性脂肪の数値が150以上、もしくは善玉コレステロール(HDL)の数値が40
  未満の状態。

以上の三つの項目のうち、二つ以上が当てはまる場合、メタボリック症候群と
診断されます。


内臓脂肪型肥満は、日本国内では男性で4人に1人、女性で7人に1人がその予備
軍とされ、年齢が上がるごとにその危険度も増加していきます。メタボリック
症候群は、中年以上の人には特に注意が必要です。


 肥満がメタボリック症候群の原因であること明らかです、脂肪組織や筋組織
における糖の取り込み能力が低下し、糖代謝に必要なインスリンがうまく機能
しなくなるのです。肥満は筋肉や肝臓でのグリコーゲン合成酵素の活性をも低
下させる事が分かっています。これらの為に、血糖値が高くなり、インスリン
分泌が著しく低下し、糖尿病や高血圧、高脂血症のリスクが高まるのです。


メタボリック症候群を防ぐ心得10カ条
1.適正体重を維持する。その為にも、毎日体重のチェックをする。
2.野菜、乳製品そして豆類などをしっかりと食べて、栄養のバランスがとれ
  た食事を心がける。
3.規則正しい食事、できるだけ決まった時間に食べる。朝食をぬいたり、寝
  る直前に夜食をとらない。
4.脂肪の取りすぎに気をつける。脂肪の多い肉などを食べない。
5.塩辛い味付けは避ける。塩分の取りすぎに注意。
6.ジュースやお菓子類、清涼飲料水など糖分の多い食品を取り過ぎない。
7.ウオーキングなどの無理のない適度の運動を毎日行う。
8.十分な睡眠、休養をとる。疲れをためない。
9.禁煙を実行する。喫煙している人は早く禁煙をする。
10.適度の飲酒をする。また、休肝日をもうける。

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


スポンサーサイト
" /> -->

脳卒中

寝たきりや認知症のほとんどの原因とされる脳卒中も、食事の取り方で予防す
る事ができる。食事には、病気をしき起こす遺伝子を超越する力があるとの事
です。


今では、遺伝子を調べて自分の体質がどの様なものか知り、病気の発症を前も
って知り、予防で来ます。医学の進歩はどんどん進んでいます。


病気を予知し、そして予防する。つまり、病気をなくす事が医学の最大の目標
なのです。


毎日の食事の取り方が、非常に大事なのです。上手な食事の取り方によって健
康で長生きする事が出来るのです。やはり、野菜果物などを中心にした食事を
心がけたいものです。脂肪の多い肉類の取りすぎは注意が必要ですね。


私も、普段から出来るだけ野菜を食べるようにしています。特に繊維質の多い
ものを取り、果物も多く食べるようにしています。幸いここタイは、果物が
一年中豊富にあり、食べても飽きることがありません。


日本では、食べる事ができないあるいは、高価で普段あまり口にできない果物
も、ここでは安価で手に入ります。

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


" /> -->

車の排気ガス

アメリカの南カリフォルニア大学の研究によりますと、車の通行量の激しい
道路から500メータ以内に住んでいる子供は、肺の機能障害を起こす可能性
が非常に高いという結果が出たようです。


 このことは、専門家の間では旧知のことで、車の排気ガスが喘息の様な肺の
機能障害の引き金になっている。


 たとえ郊外に住んでいる子供でも、幹線道路の近くに住んでいる場合は、害
が及ぶそうです。


 都市部の大きな道路に近接して住んでいる子供は、非常に高い確率で影響を
受ける。その他の地域の2倍。


 科学者は今のところ、空気の汚染が肺の発達障害をどのようにして引き起こ
すのか今のところはっきり分かっていないようです。


 強力な過酸化物質が肺機能の発達に影響する。特に、五歳から八歳の成長の
段階で、細胞やDNAに障害を与える。との事です。


 排気ガスの問題は、ここタイでも問題になってきていますが、まだ規制が甘
い感じがします。私が今住んでいる所も、田舎ですが道路に面しているので、
人事ではありません。


最近はこんな田舎でも車の量が多く、特にこの時期は、サトウキビを満載した
大型トラックが、排気ガスを撒き散らしながら、通り過ぎて行きます。見るか
らに黒い煙を吐きながら、積載重量オーバーなのは明らかです。タイもこれか
ら厳しくなるのでしょうか?

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


" /> -->

枝豆

私の大好きな枝豆はダイズの未熟果で、ここタイでも日本と同じ物が食べら
れます。タイから日本へも輸出しているそうです。今ではビールのつまみの定
番ですが、ゆでたエダマメは古くは奈良時代から親しまれて来たそうです。


枝豆には酵素メチオニンを含むのでアルコールの分解を促す。酒のつまみに非
常に適している。ダイズと同様に栄養バランスは、良質のたんぱく質や脂質が
豊富。ダイズサポニン、レシチン、イソフラボンなどの成分もダイズと同様で、
血栓予防、コレステロール値の低下、肝機能強化、老化予防などに有効。


ダイズにはほとんどないβ-カロテンやビタミンCも含まれている。造血に役立
つ鉄や、若さを保つビタミンEも含まれている。


 レシチンは、リン脂質(フォスファチド)と呼ばれる脂質の一種です。私た
ちの体は、水溶性のものと脂溶性のものとから成り立っています。その仲立ち
をするのがレシチンです。人間を含めて、生物は細胞から成り立っていますが、
細胞が細胞膜を通じて物質を取り入れたり、排泄したりできるのはレシチンが
あるからです。


 細胞の原形質は、蛋白質を主として、これに核酸や脂質等の色々な塩類溶液
が混じり合ってできたコロイド状の物質から成り立っており、レシチンを構成
する必須不飽和脂肪酸、イノシトール、コリン等は動脈硬化や肝硬変の予防に
役立ち、また新陳代謝を促進する機能を有するので、体の構成単位である細胞
から老廃物を排泄させ、若さを保つ作用が最重要視されています。


 つまり、レシチンとは、生命の基礎物質であって、人体のすべての細胞の中
に必要な栄養分を吸収させ、不要な物質を排泄させる出入口の門番の役目をし
ている様なものなのです。


 レシチンは、元々はリン脂質の1種類であるホスファチジルコリンの別名で
したが、現在ではリン脂質を含む脂質製品のことをレシチンと呼んでいます。


 レシチンと言ってもリン脂質だけではなく、他の脂質(コレステロール、中
性脂質、糖脂質等)をも含んでいるものが普通です。市場などでは原料が何か
で分類され、卵黄を原料としたものは、卵黄レシチン、大豆を原料にしたもの
は大豆レシチンと呼び、区別しています。


 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目さ
れています。イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一
種で、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類余りの大豆イソフラボン
が確認されています。


 大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対して
の有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が抗がん効果の研究に乗
り出しています。また1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防
と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボン関連の研究発表が相次
ぎました。


 今、欧米では、日本人の長寿の要因、また骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等
の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究が行われています。
 やはり枝豆は、栄養があるのですね。これからもいっぱい食べたいですね

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


" /> -->

納豆ダイエット

納豆ダイエットを特集して、全国のスーパーなどで納豆の売り切れ騒動まで
引き起こしたフジテレビ系「発掘!あるある大事典2」で、虚偽のデータや架
空のコメントが使われていたと言うことです。


 これだけ話題になると言うことは、いかにダイエットに苦労しているかとい
う証拠ではないでしょか。 何か簡単でよい方法があれば直ぐにでも跳びつく。


 でもやはり基本は、カロリーの制御とそのカロリーを燃焼させる為の運動で
はないでしょうか。食事制限は、非常に難しいのも事実です。でも毎日少しず
つでも、実行しないと変な薬などに手を出すことになり、それが元で他の病気
を誘発すことにもなりかねません。やはり自然が一番なのです。


 日本では、まだアメリカなどと比べて余り肥満の人をみかけませんが。アメ
リカでは、成人の三人に一人は肥満と言う状態だそうです。


 確かに、ニュース、ドラマなどを見ますと、本当に肥満な人が多いですね。
アメリカ人の食事は、大量の肉類が中心で野菜などは余り食べないそうですの
で、納得できます。肥満の予防には、食事に注意が必要ですね。それと、仕事
がデスクワークの人は、積極的に運動をしないと普通に食事をしていても、肥
満になって行くのではないでしょうか。

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


" /> -->

私の健康法。

 今回は、最初なので、私が常日頃心がけている健康法を書いておきたいと思
います。


 先ず第一に、規則正しい生活をおくること。毎日就寝と起きる時刻を守る。
睡眠を十分とる。私の場合は、8時間の睡眠が適当です。
 食事は、果物野菜を多く取り、肉は脂肪の少ない物を少量、食べるようにす
る。そして食べ物は、良く噛んで食べる。飲料水をたっぷりと飲む。一日約2
リットルほど、でもなかなか2リットルは、きついですがなるべく多く飲む。


 適度の運動をする。私は、朝起きると先ず最初に、10分ほどの柔軟体操を毎
日やっています。その他に、自転車を15分程こぐようにしています。

 筋力トレーニング。腹筋運動、ウエートリフティング等。筋力は何もしない
と衰えるばかりですから、毎日やるようにしています。特に、腹筋は重要です。


私の兄などのように腹筋が弱くなった為に、脱腸になったりすることがあるよ
うです。年をとると特に筋力が衰えるので気を付けたいものです。腹筋などや
っている時間がない人、でもテレビを見る時間はある方は、CMの間に腹筋をや
ると良いと思います。CMの時間もバカになりません。一寸の時間でも、腹筋を
やる事で、一日にかなりの運動ができます。


 甘い物などをなるべく食べない。私も、甘い物が好きなので、なかなか実行
が出来ずにいます。以前はコーラーが好きでよく飲んでいたのですが、最近は
その代わりに野菜ジュースを飲むようにしています。


 以上ですが、毎日実行することが重要です。でも、簡単なことを毎日続ける
ことが大変なのですよね。

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


" /> -->
Google
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。