SEO
対策、アクセスアップにオートリンクネット 
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 
スタイルシート活用術

稼ぐ!アフィリエイト入門

超初心者アフィリエイト




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" /> -->

枝豆

私の大好きな枝豆はダイズの未熟果で、ここタイでも日本と同じ物が食べら
れます。タイから日本へも輸出しているそうです。今ではビールのつまみの定
番ですが、ゆでたエダマメは古くは奈良時代から親しまれて来たそうです。


枝豆には酵素メチオニンを含むのでアルコールの分解を促す。酒のつまみに非
常に適している。ダイズと同様に栄養バランスは、良質のたんぱく質や脂質が
豊富。ダイズサポニン、レシチン、イソフラボンなどの成分もダイズと同様で、
血栓予防、コレステロール値の低下、肝機能強化、老化予防などに有効。


ダイズにはほとんどないβ-カロテンやビタミンCも含まれている。造血に役立
つ鉄や、若さを保つビタミンEも含まれている。


 レシチンは、リン脂質(フォスファチド)と呼ばれる脂質の一種です。私た
ちの体は、水溶性のものと脂溶性のものとから成り立っています。その仲立ち
をするのがレシチンです。人間を含めて、生物は細胞から成り立っていますが、
細胞が細胞膜を通じて物質を取り入れたり、排泄したりできるのはレシチンが
あるからです。


 細胞の原形質は、蛋白質を主として、これに核酸や脂質等の色々な塩類溶液
が混じり合ってできたコロイド状の物質から成り立っており、レシチンを構成
する必須不飽和脂肪酸、イノシトール、コリン等は動脈硬化や肝硬変の予防に
役立ち、また新陳代謝を促進する機能を有するので、体の構成単位である細胞
から老廃物を排泄させ、若さを保つ作用が最重要視されています。


 つまり、レシチンとは、生命の基礎物質であって、人体のすべての細胞の中
に必要な栄養分を吸収させ、不要な物質を排泄させる出入口の門番の役目をし
ている様なものなのです。


 レシチンは、元々はリン脂質の1種類であるホスファチジルコリンの別名で
したが、現在ではリン脂質を含む脂質製品のことをレシチンと呼んでいます。


 レシチンと言ってもリン脂質だけではなく、他の脂質(コレステロール、中
性脂質、糖脂質等)をも含んでいるものが普通です。市場などでは原料が何か
で分類され、卵黄を原料としたものは、卵黄レシチン、大豆を原料にしたもの
は大豆レシチンと呼び、区別しています。


 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目さ
れています。イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一
種で、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類余りの大豆イソフラボン
が確認されています。


 大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対して
の有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が抗がん効果の研究に乗
り出しています。また1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防
と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボン関連の研究発表が相次
ぎました。


 今、欧米では、日本人の長寿の要因、また骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等
の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究が行われています。
 やはり枝豆は、栄養があるのですね。これからもいっぱい食べたいですね

私のお勧めサプリメントは、こちらです。
一日に必要な100%以上のビタミン、ミネラルの濃縮、様々な抗酸化栄養素、
微量ミネラル、超微量ミネラル等、溢れる栄養を与え、血液の循環を助け、
脳に活力を与えます。一日に必要な繊維の50%以上も摂取する事ができ、
ダイエット効果も期待できます。更に、骨や筋肉を助けるカルシウムのレベルを
維持する総合バランス栄養食品です。

これが、デイリーバイオベーシックスです。


スポンサーサイト
" /> -->
Google
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。